大阪で行われている薬による多汗症治療

subpage01

顔に汗をたくさんかく、顔面多汗症のち療法として、薬物療法があります。



大阪で多汗症治療を検討しているのであれば、手術以外にも薬物を利用した方法を検討しても良いかもしれません。



多汗症の中には、ある箇所からのみ汗が出るという症状が見られることがあります。


このような症状が見られる場合には、局所性多汗症と言います。


顔面多汗症に対する多汗症治療としては、ボツリヌス注射があります。汗を抑えたい部位に注射をすることにより、汗の分泌を抑える事が出来ます。


ただし、大阪でボツリヌス注射による多汗症治療を受けるという場合でも、顔面多汗症に対してボツリヌス注射を行っているところとそうではないところもありますので、事前に確認をするようにしましょう。

そして、注射ではなく内服薬を使用する方法があります。


内服薬を服用することで、汗の分泌を抑える効果を期待することは出来ますが、一方では目のかすみや便秘などの副作用が見られることがありますので、慎重に取り入れるかどうかを確認することが必要となるでしょう。
多汗症治療として、漢方薬を使用した方法も有効と言われています。

大阪で漢方薬を用いた治療を望むのであれば、漢方薬の知識、経験を持った医師がいるクリニックに相談をするようにしましょう。



治療法は様々あり、一人ひとりに適した方法は異なります。

その為、症状が気になるという場合には、早めに医療機関を受診するということが重要になるでしょう。